市民的公共圏と多様化する歴史認識

-ヨーロッパとアジアにおける記憶と和解

冷戦終結後のヨーロッパでは、第二次世界大戦の記憶と共産主義独裁の記憶が重なり合う形で新たな歴史認識が形成され、国際的な和解が進展しました。他方、近年の右派ポピュリズムの広がりは、国際和解・国民融和の語りに疑問を投げかけています。本プロジェクトは、市民的公共圏における和解のための記憶・想起という観点から、記憶研究と和解研究の架橋を企図します。

プロジェクト概要

メンバー

氏名役職所属
石田 勇治研究代表者地域文化研究専攻・教授
外村 大研究メンバー地域文化研究専攻・教授
川喜田 敦子研究メンバー地域文化研究専攻 ・准教授
岡田 泰平研究メンバー地域文化研究専攻 ・准教授
小川 浩之研究メンバー地域文化研究専攻 ・准教授
阿古 智子研究メンバー国際社会科学専攻・准教授
平松 英人研究メンバーDESK・助教
大下 理世研究メンバーDESK・特任研究員

 

進捗状況

本プロジェクトでは、記憶論、市民的公共論、概念史、パブリック・ヒストリーなどの理論的基盤に立脚し、ヨーロッパとアジアの双方の事例をケーススタディとして取り上げながら、諸事例の比較と連関・連鎖を検討の対象とします。このことを通じて、ヨーロッパを中心に構築されてきた記憶と市民社会をめぐる議論をアジアの視点から問い直すとともに、アジアの歴史的経験を踏まえた新たな記憶論・市民社会論の構築を目指します。ドイツのパートナー諸大学との関係を深める一方、ドイツ学術交流会(DAAD)が世界各国に設置するDAADセンターを通じて北京大学ドイツ研究センター(中国)及び中央大学校ドイツ・ヨーロッパ研究センター(韓国)との学術ネットワークを強化します。

2020年度研究計画

お知らせ

一覧を見る