「小国」の経験から普遍を問いなおす

本プロジェクトは、これまでおもに英語圏でなされてきた国際関係論などのグローバル・スタディーズには、しばしば「大国」の観点が自明のものとして持ち込まれ、また西洋近代的な「普遍」が前提とされているのではないかという問題意識を持ち、「小国」の観点から「普遍」のあり方を問いなおすことを目的にしています。

プロジェクト概要

メンバー

氏名役職所属
伊達 聖伸研究代表者地域文化研究専攻・准教授
鶴見 太郎研究メンバー地域文化研究専攻・准教授
張 政遠研究メンバー地域文化研究専攻・准教授
小川 浩之研究メンバー地域文化研究専攻・准教授
土屋 和代研究メンバー地域文化研究専攻・准教授

進捗状況

本プロジェクトは思想史、宗教学、歴史学、社会学、国際関係論などの学問分野を背景に、イギリス、フランス、ロシア、イスラエル、アメリカ、カナダのケベック州、日本、中国(香港)などをフィールドとして研究を進めていきます。上記の問題設定を共有する海外の主要大学(香港中文大學、アメリカ・イェール大学、フランス・エクサンプロヴァンス大学、ケベック・ラヴァル大学など)の研究者たちと連携しながら、駒場を拠点とする新たな地域研究の可能性も探ります。

2020年度研究計画

お知らせ

一覧を見る